2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

TOEIC英文法攻略ルール44:仮定法ではwasではなくwereを使う

Pocket
LINEで送る

仮定法

★TOEIC英文法攻略ルール44:仮定法ではwasではなくwereを使う

仮定法はifを使って「もしも~なら」「もしもあのとき~だったら、」「万一~になったら」というように現在、過去、未来を表すかたちがあり、事実に反する仮定や現実にはありそうにない仮定を表します。

■仮定法過去

「もし今~なら」:
If +主語+動詞の過去形, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形
または、
If+助動詞の過去形+動詞の原形, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形

意味としては現在の仮定なのですが、動詞は過去形にを使うことに注意しましょう。

If I were a genius , I could solve this difficult problem easily.
(もし私が天才なら、この難しい問題を簡単に解けるだろうに。)

この文ではIf節の中でbe動詞の過去形wereが使われています。主語がIなのですが仮定法ではwasではなくwereを使います。

If I had 30 million yen , I would buy a house.
(もしも私が3,000万円もっているなら、家を買うのに。)

If I could quit smoking , I might not become ill.
(もしも私がタバコをやめることができるなら、病気にならないかもしれないのに。)

If it were not for the sun , we could not live.
(もしも太陽がなければ、私たちは生存できない。)

「If it were not for~」は決まり文句で「もし~がないなら」という意味です。

動詞wishは仮定法の節を導きます。

I wish I were a bird.(私が鳥ならいいのに。)

スポンサードリンク


Next page: TOEIC英文法攻略ルール45:仮定法過去完了は過去の事実に反する仮定


Pick Up!

TOEIC単語記憶術(語源+接頭辞+接尾辞+ごろ合わせ)

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

error: Content is protected !!