2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

TOEIC英文法攻略ルール50:特殊構文はパターンで覚える

Pocket
LINEで送る

特殊構文

★TOEIC英文法攻略ルール50:特殊構文はパターンで覚える

特殊構文はとある語句の組み合わせで成り立っています。パターンを覚えてしまいましょう。

■It +動詞(be動詞または知覚動詞)+for+人+to+動詞の原形

Itを仮の主語にした構文です。to以下が本当の主語なのですが、主語が長いと文が読みにくいのでitという仮の主語を置いています。

It seems difficult for her to win the award.(彼女がその賞を獲得するのは難しいようだ。)

forを省略したときは「一般的に」というニュアンスで文を理解すればいいでしょう。

It is difficult to win the award.(その賞を獲得するのは難しい。)

■強調構文

It +be動詞+強調する語+that~

be動詞の次に続く語が強調されます。

It is English that I study everyday.(私が毎日勉強しているのは英語です。)

この文では名詞Englishが強調されています。

It was then that she noticed the change.
(彼女がその変化に気づいたのはそのときだった。)

この文では副詞thenが強調されています。

■There+be動詞+主語

「There+be動詞+主語」で「主語があります」という意味になります。

There is a pen on the table.(そのテーブルの上にペンがあります。)

■so~ that・・・(とても~なので・・・だ)

He was so tired that he couldn’t eat a meal.
(彼はとても疲れていたので食事もとれなかった。)

■感嘆文

感嘆文はWhatやhowを使って「なんて~なんだろう!」という意味を表します。

What a beautiful girl she is !(なんて美しい少女なんだろう!)

whatをつかったときは「What+形容詞+名詞+主語+動詞」の語順になります。

How clever you are !(あなたはなんて賢いんだろう!)

howをつかったときは「How+形容詞+主語+動詞」の語順です。

スポンサードリンク


Next page: TOEIC英文法攻略ルール51:主語と動詞の数を揃える


Pick Up!

TOEIC単語記憶術(語源+接頭辞+接尾辞+ごろ合わせ)

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

error: Content is protected !!