2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

同じ単語、似た単語は消し

Pocket
LINEで送る

TOEIC対策テクニック!「同じ単語、似た単語は消し」

これはどのようなテクニックなのか。タイトルそのままなのですが、質問文で出てきた単語が、選択肢(A)、(B)、(C)の中で出てきたら「消し」というものです。

例えば、質問文の中に「fiber」という単語があったとしましょう。
そして、選択肢(B)に「fiber」という単語があったとしましょう。
この2つの単語は同じですから、「消し」。選択肢(B)は「消し」です。

もう1例。質問文の中に「cyber」という単語があったとしましょう。
そして、選択肢(A)に「fiber」という単語があったとしましょう。
この2つの単語は発音が似てますよね。消」。選択肢(A)は「消し」です。

似た単語は「present」と「president」など、たくさんあってキリがないので書きませんが、聞こえた「音」が入ってる選択肢を消すだけですから、意味が分からなくてもいいのです。質問文は意味が分からなかったからといってあきらめず、せめて「音」としてとらえておくことが重要です。

スポンサードリンク


Next page: 他の疑問詞形に対応している答えは消し


Pick Up!

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編はAmazonで!

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

error: Content is protected !!