2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

時制のズレに注意

Pocket
LINEで送る

「主節と従節の時制は一致する」。
または、「従節の時制は主節の時制よりも過去(過去を表す語を伴った場合)」が基本です。

例)

I thought that he was wrong.(私は彼が間違っていると思った)

主節の動詞のthoughtが過去形ですから、従節の動詞も過去形でwasになっています。
isではありません。過去形動詞で一致しています。

例)

I think that he was wrong then.(私はその時彼が間違っていたと思う)

この例では、主節のthinkが現在形、従節の動詞が過去形になっています。
「従節の動詞が主節の動詞よりも過去」の例です。
thenという過去を表す語が使われています。

また、時制により、それに伴う語句も決まってきます。

since , for は現在完了形の文中で使われる。
last , agoは過去形の文中で使われる。
usuallyは現在形の文中で使われる。

といった感じです。
対応関係をしっかり覚えましょう。

スポンサードリンク


Next page: 関係代名詞


Pick Up!

TOEIC単語記憶術(語源+接頭辞+接尾辞+ごろ合わせ)

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

error: Content is protected !!