2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

PART6解法:接続詞や前置詞が入り混じっているパターン

Pocket
LINEで送る

■PART6解法パターン3-1

(A)Although
(B)But
(C)However
(D)Yet

のように、同じような意味で用法が異なる選択肢の場合。

空所の前後を見て、用法に沿うものを選べばOKです。

この場合、選択肢は全て逆説の意味ですが、(A)Althoughは後に続く文に対して「~だけれども」という逆説の接続詞。(B)Butは前の文を受けて「しかし」という接続詞。(C)Howeverは「,」にはさまれて副詞的に使われる「しかし」。(D)YetはButと同じく前の文を受けて「しかし」という接続詞。

ちなみにTOEICは「Although」が大好きです。何も分らない場合は「Although」を選んでおけば正解の確率が多少高まります。

「Nevertheless」という語もよく出題されます。
これは「However」と同じく接続副詞です。

スポンサードリンク


Next page: PART6解法:関係代名詞のパターン


Pick Up!

TOEIC単語記憶術(語源+接頭辞+接尾辞+ごろ合わせ)

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

error: Content is protected !!