2016年5月からの新TOEICに対応!徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中。

世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術

Pocket
LINEで送る

ジャン=ポール・ネリエール (著), デービット・ホン (著), グローバル人材開発 (翻訳) 東洋経済新報社

”グロービッシュとは、英語の非ネイティブスピーカーのために開発された新しいコミュニケーション・ツールである。本書の著者の一人、フランス人のジャン=ポール・ネリエールが提唱したもので、よく使われる英単語1500語と標準化された文法が規定され、グローバル・ビジネスにも充分適用できる。”
(本書より引用)

本書は、ネイティブも非ネイティブも含めた世界の共通語としてのグロービッシュを提唱しています。

非ネイティブはグロービッシュを学び、ネイティブも、非ネイティブと話す際は、制限された英語であるグロービッシュで話すことで、本来の目的であるコミュニケーションが成り立つとのことです。

現実には、ネイティブが制限されたルールで英語を話すという事に抵抗を覚えることや、非ネイティブの被験者の中に日本人がいなかったので、「非ネイティブ」とひとくくりにされた論調の中に、日本人としては少し無理があるように感じました。

ただ、「なるべく能動態で話す」など、グロービッシュとしてのルールがいくつかあるのですが、コミュニケーションとして伝わりやすくなるという意味では、賛成できるものもいくつかありました。

よく使われるものだけを抽出して学ぶこと自体には意味を感じますが、自分で使用する際に、その制限をきっちり守ることは逆に難しいようにも感じます。

個人的には、学習の初期段階で中心的な1,500語を活用するという意味では、VOA(ボイス・オブ・アメリカ)と同様で、あくまでも学習方法のひとつとして活用するのが正しいアプローチかなという気がしたのでした。

スポンサードリンク


Next page: 英語はまず日本語で考えろ!


Pick Up!

TOEIC単語記憶術(語源+接頭辞+接尾辞+ごろ合わせ)

TOEICスコアアップの教科書 【目次】

TOEICリスニング学習ソフト『JOKER PLAYER』(フリーソフト)
TOEICリスニング攻略 即効テクニック
TOEICリーディング ヒッカケをかわして得点するためのポイント
TOEIC英文法攻略55のルール
TOEIC正攻法の学習法
TOEIC言い換え対策ボキャブラリーエクスチェンジャー(英語音声付)
TOEICリスニングスコアアップEXPRESS(英語音声付)
TOEIC文法問題集1,000問(英語音声付)
TOEIC熟語攻略EXPRESS(英語音声付)
TOEIC・英語教材レビュー


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!